読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きぼうのかけら

昨年春に給与所得者になって以来、BIGという、いわゆるサッカーくじをたびたび購入している。このBIGというくじ、なにがすごいって1等当選金額が最大6億円というところがすごい。6億円あったら何をしようかなあ…、と考えても、あまりに日常とかけ離れすぎていてなかなかイメージができずにいるのだが、幸い、自分自身まだ当たったことはないので、もう少しの間、じっくりと6億円の使い道を考えることが出来る。毎回当選結果確認前は、「今回はなんか当たってる予感がする…」と思うのだけれども、その予感が現実のものとなったことはない。周りに、どうせ当たらないんだからお金無駄じゃない?と言われることもあるけど、でも、たった900円(いつも3口分購入する)で当選発表日までわくわくできるんだったら、決してそれは無駄とはいえないんじゃないか。それに、少なくとも言えることは、確かに買ったってまず当たらないかもしれないけど、買わなかったら絶対に当たらない。このような論理はどの角度から見てみても、賭け事で身を滅ぼす思考以外の何物でもないように思うのだが、だとしても別にいいやと思っている。それに、そもそもお金の有用な使い道なんて知らない。