読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休みの日

仕事が内勤であり、かつ、昼飯も社食を食べることがほとんどなので、多分、平日に太陽の光を浴びている時間というのは一週間で2時間にも満たないのではないかと思われる。果たしてこんなことで俺の体は大丈夫なのか? 常々そんなことを思っていたおり、絶好の天気に恵まれたので、出かけることにした。できるだけ野外にいて陽光を浴びるような状況になりたいので、外でやっているイベントはないものか、と考えていた時に、ちょうど新聞で六大学野球が始まったことを知った。そこで、ふらっと神宮球場に行ってみることにした。昨日の夜もドームに野球を観に行ったので2日連続野球観戦をすることになるが、まあいいだろう。12時半過ぎに家を出て、神宮に着いた頃には、既に1試合目の早稲田−東大のカードは終わっており、2試合目の立教−慶応の準備をしているところだった。外野席のチケットを買う。700円。安い。中へ入る。ほとんど人がいない。外野席はまあ実際に数えるにはちょっとめんどうだけど、でも数えられなくもない、というくらいの人の数。直射日光が照り付けて暑いくらいだ。ひとまず一塁側外野席に座る。試合開始。初回から立教が1点をあげる。が、その後は両ピッチャーが頑張り、投手戦へ。立教が初回の1点をキープしたまま6回の攻撃を終えたくらいで、三塁側に移動。高い所にある席に座る。見晴らしがとてもいい。その頃には太陽の光もおだやかになってきていて、ときおり吹く風が汗ばんだ体を冷やしてくれて心地よい。試合は結局そのまま立教が1点のリードを守りきって勝利。昨日観に行った巨人阪神戦に比べると大人しい試合だったけれども、そういうのもまたそれはそれで面白かった。広々とした空間で何も考えずビールを飲み、かなりリラックスすることができたので、気が向いたらまた行ってみようかと思う。
神宮を出た後は、このついでに日頃の運動不足も解消しようと思い、新宿まで歩いていって適当にいろいろなものを物色。前から欲しかったミキサーを買った。これで絶不調の胃腸のために、それほど好きではないバナナを毎日摂取することができるようになるだろう。
家に着いて、買おうと思っていたサマヨイザクラの下巻を買い忘れたことに気がついた。あー。最近どうも忘れっぽいので一応メモを書いて持っていくのだが、そのメモの存在をまるごと忘れてしまうのであまり意味がない。ただ、忘れてしまうことというのは忘れてしまってもよいことであるとも言えるので、気にせずまた明日買いに行こう。