読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ALWAYS 三丁目の夕日'64

公開初日にシネコンで観てきた。2Dと3D両方やってたけど、時間的にちょうどよかったのが3Dだったのでそちらで。いわゆる日本人の多くが思い描く「古きよき昭和」を描いた作品の3作目。面白かった。前2作と同じくすごいわかりやすい映画でわかりやすく感動し泣けたのでよかった。けっこう長い映画だけど時間は気にならなかったので結構集中して観ていたと思う。自分が観た回の他の観客の人たちはわりと年配の方たちが多かったけど、周囲からもすすり泣いている声がよく聞こえてきた。安定感バツグンの映画だ。
しかしほんとみんな本心とは異なる発言をするよなー。茶川しかり淳之介しかり茶川の親父しかり。まあだからこその感動があるんだが。本心と異なる発言をするのはその言葉を受け止める相手のことを考えてるからこそなわけであって、そこに美しさや感動を覚えるのは僕が日本人だからなのだろうか?
3Dは別になくてもよかったかなー。メガネ・オン・メガネで3Dメガネがずりおちてくるし。アニメとかは3Dの方が面白かったりするんだけど実写ではあまり3Dを使うメリットが今のところよくわからないなぁ。あ、でもOPの東京タワーの高さはそれなりに実感できたのでよかったかも。