読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育園(認可外)入れた

 認可園に落ち、さらには申込済みの近隣の認可外園も待ちということで3月でさすがにこれはヤバいと思い、この1週間、既に申込みしていた認可外園に加え、近隣ではないがバス通園可能な認可外園などにも範囲を広げ電話→見学申込→予約ということを何件かやっていたところ、ある保育園の見学に向かっている途中で電話があり、近隣の認可外園の1件に空きが出たということでとりあえず確保できて安堵。というわけでひとまず行けるところは見つかったので後は他のところの結果を待ち、連絡がなければ既に連絡をもらっているところに行くことになるだろう。行けるところがあってほんとよかった。近隣にあるので引っ越しもしなくて済む。

 しかしこの1週間はほんとに気が重かった。自分のことならまだしも、子どものことなので余計気が気でなかった。また、奥さんにしてみれば育児休暇から復帰して働き始めるだけでも負荷がかかるのに、何で保育園に入ることまで苦労しなければならないのかと思った。「保活」とかいう言葉自体がほんと終わってる。

 ちなみに、市役所の保育課にも行って認可の状況も聞いてみたところ、申込者に対する順位は集計中ということで教えてもらえなかったが、ざっくり言うと上位1/3には入っているが、同点の人が大量にいる、という感じだそうである。一応4月の2次選考もあるそうなので一応範囲を広げて申込みを済ませたものの、今年の認可への入園はほぼ不可能だろう。

 ひとまず入れるところは見つかったものの、でもそこに完全に満足しているわけではないので、保育園入園後もまだまだ戦いは続くのである・・・ってなんで戦わないといけないのかって感じだけど。