読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年度

 新年度、って言っても働き始めて10年近くになると4月とか既にどうでもよくなっており、あえて普段と違いがあるとすればこの時期に併せて社内異動などが行われるのでそれが多少影響がある程度のもの。それとてまあ至極どうでもいい。

 昨月生じた懸案事項は相変わらず解決できておらず、結局何ら具体的な解決策を見いだせないまま、日常に流されて日々が過ぎ去っている。

 先日子どもと一緒に子供番組をみていたら、こんな話をやっていた。他人の顔色ばかりうかがって自分の意見を言えない少女の姿が徐々に薄くなっていき、やがて見えなくなってしまう、という話だった。(最終的にその少女は自分の意見を言い自分を取り戻した)

 自分もその少女のようなものだ、と思う。少女は自分を取り戻すことができたが、果たして自分はどうだろう。怒りといった感情を明確に行動に移さないことをこうして続けていくことで、姿が消えることはないにせよ、きっと何事に対しても何もできない人間が完成するのだろう。着々とその道を歩んでいる気がする。

 行動しないことへの言い訳は尽きることはないが、それが結局のところ、何の解決にもならないということもわかっている。はずなのだが。