読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりがい

仕事の後に、地方から出てきた友人を含めて渋谷で飲み。普段は山手線の東側に生息しているので、西側に行くのは久しぶりだったが、渋谷のあの混雑っぷりは異常。ありえん。仕事とか普通にダルイよねー、とかそういう話をする。まだ学生の友人が、「でもさ、働きがいとか……ほら、あれじゃん」とか言ってるので、「いや、そんなの普通にないから。だって考えてみ、会社員の生涯年収が2億そこそことか言われてるけど、それを踏まえた上で、もし今3億手元にあったとしたら、それでも働くと思う? 俺だったら働かないし、というか、少なくとも今みたいには働かない。だとしたら、やっぱり働くということの最も重要な要素は、『生きていくための金を得る』ってことだと思うけど。それ以上の意味なんてなくない? もしそれ以上の意味を見出しているなら、それは多分世間の罠だよ」というようなことを別の友人が言い、うんうん、と僕は頷いた。学生の友人は、うーん、そんなもんかねえ、と考えていた。まあ、とはいえ、これはあくまでも仕事、その中でも特にごく一般的に言われる『会社員』というものについての考え方の一つであって、そうじゃない人も沢山いるだろうし、それはそれでいいんじゃないかと思う。ただ、会社の中とかではこういうことを言わないほうがいい、ということは感じる。思っていることを全て口にする必要なんてもともとないけど、やりがい、とかの話になると、ちょっとめんどいなあ、と感じてしまう。
明日もまた別の人たちと飲みの予定。夏休み明けで連チャン飲みはなかなかきつい。